結婚指輪と婚約指輪は2つで1つにできる

婚約指輪を購入する際に、結婚指輪を合わせて購入する人が増えてきています。その大きな理由は、婚約指輪と結婚指輪を一緒にデザインすることで、2つで1つの指輪を作り上げることができるからです。

2つの指輪を同時に作る流れ

リング

お店に来店する

指輪を購入するためにジュエリー店へと足を運びましょう。お店によっては取り扱っているデザイン性も異なってくるため、きちんと調べてから来店するといいかもしれません。

指輪を選ぶ

お店に来店したらまずは指輪を選びましょう。様々なカラーリングや素材のものがあるため、好みのものを探すことができるはずです。

デザインを確認する

指輪を見つけることができれば、デザインの相談をしましょう。お店によっては既製品のデザインがありますが、オーダーメイドで作ることも可能な場合があるため、確認しておくといいかもしれません。

細かな直しを入れる

指輪もデザインも決めることができれば、サイズ直しや宝石の交換など、細かな点で手直しをおこなってくれます。お店によっては完成までの時間が異なりますが、受取までに数日はかかるといわれています。

大切だからこそ両方身につけたい

プロポーズの際に贈られる婚約指輪ですが、結婚式の際に結婚指輪を貰ってしまうと、身につけてはいけないと考える人は多くいます。しかし、婚約指輪も結婚指輪も夫婦の絆を形にした大切な品のため、一緒に身につけても問題はないのです。

重ね着けする際のポイントを比較

両方の素材を合わせる

婚約指輪も結婚指輪も様々な種類の素材で作られています。そのため、片方がゴールド、片方がシルバーなども綺麗ですが、両方共に同じ素材を使うことで、一体感を生み出すことができます。

両方の色を統一させる

素材を同じものにしても、カラーリングも数多く存在します。同じ色合いでも深みが強いものや明るいものまであるため、同じ色の指輪にすることで、重ね着けしても違和感がありません。

結婚指輪も婚約指輪も大切だからこそ一緒に持ちたい

LOVE

指輪のデザインは色んなものから参考にしよう

結婚指輪や婚約指輪を購入する際に、どういったデザインのものを選べばいいかと悩んでしまうことがあります。そんな時は、ブライダルジュエリー店などが出しているサイトや雑誌のランキングを参考にしてみるといいかもしれません。また、お店であるデザインサンプルを見ながら、自分たちでデザインを考えるのもいいかもしれません。